イメージ画像

ゼファルリンとヴィトックスαを併用しても意味はない

どちらの効果が意味があったのか自分に合うのかわかりません

一般的にヴィトックスαと比較して異なる成分を配合した他のゼファルリンンやベクノールなどの増大サプリを併用する事で、通常より早く結果が出ることはまずあり得ません。

結果的にお金の無駄になってしまうでしょうから、まだ、一緒に併用してないのであればその考えは辞めておきましょう。

仮に、それでもし自分のチンコに少しでも何かしらの変化が見られたとしても複数のサプリを併用してしまっては、どの商品の効果が自分に合っているかわからなくなってしまうからです。

ベファインとヴィトックスαを併用しても勿体ない

これは仮に他の増大サプリメントがゼファルリンではなくベファインやゼノシードでもヴィトックスαとの併用はしない方が良いでしょう。

理由は一緒で、同時に飲んだとしても今すぐに効果が目に見えることはまずないからです。

また結局はヴィトックスαとゼファルリンやベファイン、ゼノシードやベクノールを併用しても似たようなシトルリンやアルギニンなどの成分が比較すると配合されているので、過剰摂取をしても汗や尿で余計なものは排出されて出てしまいます。

いくらお金を掛けても成功しなければ無駄です。

もし、それでもヴィトックスαと併用する事で陰茎を更により大きくしたいのであれば、トレーニングやマッサージを一定の期間を設けて同時進行で行いましょう。

効果はどっち?ヴィトックスαとゼファルリンを比較

はっきり言って年齢や生活習慣で異なります

値段を比較するとゼファルリンの13,800円に対して、ヴィトックスαは12,800円となっていますので、1,000円安いことになりますが、それだけで判断してはいけません。

何故なら結局、ペニスが大きくなることがなければ、費用を抑えることができても意味がないからです。

しかし、実際に自分の体にどのような変化が現れるかはチャレンジしてみないとわからない事なのです。

口コミや購入者の体験談でヴィトックスαとゼファルリンをどちらにするか選ぶことはかなり難しいことになります。

それは結局の所、判断するのは自分でしかなく、一番ベターな方法は最初は費用が掛かってしまいますが、併用するのではなく両方を順番に試してみることです。

成分でゼファルリンとヴィトックを比べる

シトルリンをはじめとするトリプトファンや高麗人参やマムシ、スッポン末などゼファルリンの成分の方がヴィトックスと比べると漢方系が多く配合されています。

マムシや有機マカ末や牡蠣エキスなども特長に挙げれるのではないでしょうか。

比較してみると購入者の年齢層はヴィトックスよりもゼファルリンの方が高い傾向にあります。

そういった客層も含めて、公式ホームページのデザインもあまり派手にはなり過ぎないようになっているのでしょう。

しかし、実際に歴史を遡ると販売開始からの年数はゼファルリンの方がヴィトックスよりも先にネットでも情報が早い男性には話題になっています。

亜鉛サプリとヴィトックスαの併用はおすすめできない

亜鉛の過剰摂取には注意しましょう

今は様々な健康食品に亜鉛が配合されていますので、ヴィトックスαとの併用は気を付けなくてはいけません。

通常の食生活では亜鉛の過剰摂取をしてしまうことは、ほとんどありません。

しかし、食事としての摂取は難しかったとしてもサプリでは簡単に毎日服用できてしまいます。

成人男性の場合は一日の亜鉛の目安は10mgとなっています。

健康補助のためのサプリメントを服用している方はヴィトックスαと併用してこの値を越えないように気を付けましょう。

特に毎日飲み続けることによって慢性的な亜鉛の過剰摂取になってしまうと様々な悪い症状があります。

下痢や吐き気だけでなく性機能の低下の可能性もあります。

それを踏まえると、ヴィトックスαを何か他のサプリメントと併用するのはおすすめできません。

エナジードリンクとヴィトックスαを併用すると

レッドブルやモンスターエナジーやロックスター

コンビニやドラッグストアでは様々な商品が次から次へと販売されています。

どのエナジードリンクもアルギニンやシトルリンなどを配合していますがヴィトックスαと併用する事は比較してどうなのでしょうか?

結論から言ってしまえば、両方ともすぐに効果が見えるものではないため、プラスに働いたかどうかは誰にもわからないということです。

ただし、注意しなくてはいけないのはカロリーも高くカフェインも多く配合しているエナジードリンクを毎日の様に飲み続けることは肥満になりやすくなります。

ヴィトックスα extraにも高カロリーな栄養素が配合されていますから、併用するとなると体重の増加にも管理して注意しなくてはいけません。

いずれにしても、ゼファルリンだけでなく定番のユンケルやリポビタンDやオロナミンCなどの滋養強壮系やエナジードリンクなどと一緒に服用するのはあまりメリットがないということになります。

重複して飲むと、どれが本当に良いのかをジャッジする事も難しくなりますので、時間は掛かりますがスパンを決めて一つずつ試していくようにしましょう。


メイルエッジやマッチポンプ器具とヴィトックスαを併用

メイルエッジなどの装着器具をヴィトックスαと併用

メイルエッジはペニス増大をするための牽引器具ですがヴィトックスαの様なサプリとの併用は問題ないでしょう。

長時間の使用はメイルエッジは痛みも伴うことがありますので、敏感な部分だけに気を付けなくてはいけません。

しかし、就寝時にメイルエッジを装着し寝る前にヴィトックスαの様な増大サプリを併用する事で少ない時間を無駄にすることなくなるでしょう。

もちろん、失敗する可能性もかなり高いですが、お金の無駄になるかどうかはチャレンジしてみなければわからないことなのです。

シリンダー器具とヴィトックスαの使用方法を守って併用する

吸引するシリンダータイプのペニス増大器具とヴィトックスαの様なサプリを併用することも使用方法を守れば、もしかするとゼファルリンと比較してもプラスに働くのではないでしょうか。

最近ではダイチンなどの新商品も登場していますから、併用してみても口コミの様な嬉しい報告ができるのではないでしょうか。

またヴィトックスαの様な増大サプリの併用とは違い物理的に陰茎をポンプで吸引する器具は使用方法を間違えると大怪我をしてしまうことになりかねませんので、注意しましょう。

チントレ方法をヴィトックスαと併用しても失敗する?

併用できるペニス増大の方法はサプリ以外にもあります

サプリのゼファルリンの他に比較するとペニス増大をする方法にはトレーニングやマッサージがヴィトックスαと併用できる手段になります。

もちろんトレーニングと言っても自分で引っ張ったり伸ばしたりするものから、体操やストレッチに近い方法もあります。

またヴィトックスαと併用して意味があるかはわかりませんが、PC筋や亀頭を冷たい氷水に入れて鍛える鍛える金冷法もあります。

これらで本当に成功できるかどうかや、ガセの情報なのかはやった男性本人しかわからないことです。

そもそもネットでいくら探してもヴィトックスαと併用した情報はわかりませんし、それがお金の無駄になったかどうかは誰にも結果はわからないのです。

クリームをヴィトックスαと併用してマッサージ

偏にペニス増大と言っても方法はいくつもありますのでサプリのヴィトックスαと併用する事が意味のあるものも比較するとありますので、ガセのネタでお金を無駄にしないためには目的を理解した上で使用しましょう。

まずヴィトックスリキッドも同じジャンルに分類されますが、ドリンクや錠剤とは異なり塗るタイプは一緒に使用しても問題はないでしょう。

しかし、懸念しなくてはいけないのは仮にマキシメイルやマキシマなどのamazonでも購入できるクリームをヴィトックスαと併用した場合、どちらの作用がより効果があったのかは判断できないということです。

これはトレーニング系なども同様ですが、男性にはある意味ではどんな手段でもペニスが大きくなればよいのですから、出来る限りの最善を尽くすことがよいのではないでしょうか。

ただ言えるのはペニス増大サプリを併用するにしてもお金の無駄にならないように、サイズを細かくチェックしていくことが課題となるのではないでしょうか。



このページの先頭へ