イメージ画像

配合されている全成分を徹底分析!ヴィトックスαは安全かどうか?

高年齢だから効き目が少ないわけではありません

シトルリン、亜鉛、ガラナ、アルギニン、赤ガオクルア、マカパウダーがメインの原料がヴィトックスの成分です。

更に新しくレスベラトールと言う成分もヴィトックスαEXTRA editionには配合されるようになりました。

徹底的に調査し分析をしようと基本的には特に他のペニス増大サプリメントと比較しても特徴的な成分が配合されていません。

リキッドにもシトルリン、アルギニンは同様に含まれています。

それ以外にトコフェロール、クララエキス、イチョウ葉エキスの成分でヴィトックスαEXTRA editionは製造されています。

いずれにしても副作用などは特には報告されていません。

特に毎日摂取しても問題がある成分は含まれていません

今の体質や体調などに影響する確率が出ている数字も少なからずあります。

もし何か調子が悪い面があったり気持ちが悪いときには、まず、ペニス増大サプリメントのヴィトックスの成分を考えた上で一番にトライすることを辞めて、ここにも配慮し注意するようにしましょう。

また年齢によってはジェルを塗って駆使してマスターベーションの行為をする際には、あまりに長時間ずっと勃起している状態を維持すると、次第に痛みを伴うような場合があります。

また、ここではヴィトックスには注意しなくてはいけないのは衛生管理です。

配合されている成分には危害や問題はなかったとしてもです。

普通に食事していてはシトルリンは補えない成分

もし果敢にチャレンジする際の環境が衛生面で問題ある場合は雑菌が尿道箇所から進入してしまう可能性がヴィトックスの成分でも絶対にゼロではありません。

また、仮に陰茎に傷口があったり赤みやぶつぶつが小さなものでも出来ていたりする場合は、できるなら控えるようにしましょう。

ペニス増大サプリのヴィトックスαの評判や報告の成分量のレポートはありませんが、このように少なからず痒みなどが発生してしまう原因となりかねません。


絶妙なバランスで配合されているヴィトックスαの意味のある成分

上記の原料では効果が出ない男の人もいます

一つ注意しなくてはいけないことがヴィトックスαEXTRA editionに配合されている成分は全ての男性に、ペニス増大サプリが100%効果があるというわけではないということです。

体質によってどのような作用があるかは結果でしかわからないということです。

食生活や環境によって何が不足しているかはシチュエーションに応じてそれぞれです。

喫煙の有無(一日の煙草の本数)アルコール摂取の頻度や量、毎日の栄養バランスだけでなく睡眠時間も密接にヴィトックスの成分は関係しています。

当然、ただ闇雲に市場で流行しているものを摂取しているのでは意味がないのです。

食事の成分やバランスだけでなく量も考えて摂取しましょう

シトルリンやトンカットアリや高麗人参、古来のスッポンやマムシのエキス、さらに漢方系の植物などが次々と新しい評判の商品にここでは含まれています。

やはり重要なのは自身の体質にはどれがあるかをしっかりとチェックし理解することです。

所謂ヴィトックスのような成分のペニス増大サプリの中も各社共に競争し絶妙なバランスで、男性の体に危害がないことを大前提としてバランスを切磋琢磨しています。

サイズアップに重要なのはそれらを継続して摂取することと同様に、このようにヴィトックスを少しでも体に吸収しやすい環境作りも必要不可欠です。

いくら希少価値があり値段も高い国内でも貴重な素材を、ふんだんに使っていたとしてもです。

同じ成分を摂取しようと思うとコストが掛かります

不健康だったり体調が悪くなってしまい病気などをしているとそれらを回復させることを優先するような内容の指令が脳内から分泌されて出ます。

そのような状態ではヴィトックスαの成分でいくらペニス増大サプリメントのトータルのコストを掛けて欠かさずにここで摂取しても無駄になってしまう確率がこのように高いということです。

それを踏まえるとどれくらいの摂取量が正しいのかはやはり、これは結果次第でしかありません。

シトルリンやアルギニン以外にもマカやアカガウクルア粉末も

亜鉛やマカだけでなくガラナ粉末も

正直、素人の一般人の男性にペニス増大サプリメントのヴィトックスαに配合されている成分は気になる所ですが、名称だけではわからない事の方がほとんどでしょう。

亜鉛やマカなどはDHCなどの大手メーカーもコンビニでサプリを販売していたりするので定番のものとなりつつあります。

アルギニンもスポーツ飲料水や栄養ドリンクなどのCMでも名前が出ているので成分の名前だけは知っているという方も多いのではないでしょうか。

シトルリンは今や筋肉を鍛えるためのサプリには欠かせないものとなっていますし精力剤などにも配合されている栄養素です。

その他にもアカガウクルア粉末はほとんどの男性が初耳かも知れないデヒドロエピアンドロステロンという成分を分泌するもので植物のハーブの一種です。

アメリカやヨーロッパでも注目されているもので、成分量としては欠かせないものとなっています。

ヴィトックスα extraにはこういった成分が研究された結果、計算尽くされた配合量となっています。

栄養のバランスが悪いとヴィトックスは効かない

普段の食事の栄養も気を使いましょう

いくらネット通販で注文をしたヴィトックスαを何か月も飲み続けても、結局は毎日の三食の栄養バランスが崩れてしまっていたのでは効かないで終わってしまいます。

炭水化物をダイエットで抜いていたり、野菜を全く食べないでビタミンが不足していてはいけません。

あくまでしっかりと食事で栄養バランスが整っていることが大前提であることを忘れてはいけません。

仮に毎日の様に外食やコンビニ弁当などを続けている男性がヴィトックスαに限らず健康補助食品をいくらサプリメントで摂取してもあまり効果は出ないでしょう。

それはもちろん、年齢に応じて健康の状態です。

食事だけでなく睡眠時間もバランスよく維持できていなければいけません。

せっかくヴィトックスαで普段はなかなか摂取することができないような栄養のある成分を吸収するのですから、ペニス増大に活かされるよう勿体ない状態にならないようにしましょう。

そうでないと乱れた部分をサポートする方にせっかくの素材が回されてしまいます。

他の商品とは成分的には特別な差はないヴィトックスαの特徴

アメリカで人気だったものを日本に向けに成分量を改良

全米でナンバーワンを獲得したという宣伝文句でヴィトックスが輸入されてくる増大サプリは多く存在します。

話題にはなりますがどれもあっという間に一年も持たず評価は減退していってしまいます。

その主な理由は配合されているバランスが日本人の体質に適していないということが一番の特徴なのではないでしょうか。

ヴィトックスαEXTRA editionの成分を他の商品と比較しても原料的には特別な差は目に付きません。

成分によっては体調次第で効き目が出ない可能性もあります

販売数を伸ばしている一番の理由はやはりバランスを上手にコントロールして、それを調整したことなのではないでしょうか。

ただ輸入してきたペニス増大サプリメントを販売するよりもリスクも当然伴います。

しかし勇気を出してそこに手を加えることでこの国の男性の体質に丁度良いものを研究で生み出したことが大きいのではないでしょうか。

配合されている成分が栄養をサポートします

アルギニンやシトルリンなどはコンビニで売っているエナジードリンクにも大抵の場合含まれていますし、またこれは滋養強壮系の評判のポピュラーな商品では定番のヴィトックスαの原料と成分です。

当然、ペニス増大サプリは副作用などの危害の恐れはありません。

近年、ヴィトックスαは成分としても浸透してきた植物であるマカも妊活をサポートして応援するサプリなどで徐々に世間にじわじわとゆっくりと馴染み普及し知名度を高めています。

このページの先頭へ